読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トマスと桃井

メタボリックシンドロームであるとは言われなくても、内臓の脂肪が多く蓄積しやすい類のよくない肥満になってしまうということで、命にかかわるような生活習慣病を起こす可能性が高まります。
毎日の規則正しい、穏やかな暮らしの継続、腹八分目を心がけること、無理のないスポーツや体操など、古典的とも言える自分の体への思いがお肌の老化防止にも役立つといえます。
人間の耳の構造は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3種類に分類されますが、この中耳の近くに黴菌やウィルスなどがうつり、炎症が発生したり、体液が溜まる病気を中耳炎と言います。
インフルエンザ(流感)に適している予防対策や医師による処置などベーシックな対処策は、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒です。
骨を折ってかなり出血した際に、低血圧になって眩暈や冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる意識喪失などのいろんな脳貧血の症状が誘引される場合もあります。
「とにかく忙しい」「気を遣う付き合いが嫌でしょうがない」「あらゆる技術や情報の著しい進化に追いつくのが大変」など、ストレスが溜まってしまうシーンは人によって違います。
高血圧の状態が長く続くと、体中の血管に重い負担がかかった挙句、頭から足までありとあらゆる血管に障害が起こって、合併症を誘発する割合が大きくなるのです。
今、若年層で結核(けっかく)に対抗するだけの免疫力、すなわち抵抗力の無い人々が増えたことや、早合点のせいで受診が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)・院内感染が増加傾向にあります。
子どもの耳管の特性は、大人と比較して太目で短くなっており、なおかつ水平に近いため、雑菌が進入しやすくなっているのです。子どもがよく急性中耳炎を起こすのは、この作りが関係しています。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、今までの研究結果から、注射の予防効果が見込めるのは、注射の2週間後から約150日間位と考えられているようです。
下腹の強い痛みをよく起こす病気の一例として、大腸の壁が飛び出る大腸憩室症、腎などに石ができる尿路結石症、原因不明の難病である潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性性器の疾患など、色々な病名が挙がるようです。
体脂肪量は変動が無いのに、体重が食事・飲酒や排尿等により一時的に増減するような時には、体重が増加すれば体脂肪率(percent of body fat)は下がり、体重が減った人の体脂肪率が上昇するのです。
スギの木の花粉が飛散する1月から4月の時期に、まだ小さなお子さんが発熱はみられないのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした水っぱなが止まない症状だったなら、残念ながら杉花粉症の可能性があるかもしれません。
陰金田虫は20~30代の男性多く見られており、大抵は股間部にのみ拡大し、走ったり、お風呂上りのように身体が熱くなると強烈な掻痒感を招きます。
汗疱とは手の平や足の裏、または指と指の間などに小さめの水疱ができる病気で、通称あせもと言われており、足裏に出現すると足水虫と思い込まれることもあります。